伊豆食べる通信からのお知らせ

2021.07.08

「緑米」からの定期購読開始しました。締め切りは2021年10月8日まで

本日、正午を持ちまして、「しらす」からの定期購読を締め切りました。これからは10月号「緑米」からの定期購読となります。

たくさんのみなさまにご購読いただきまして、ありがとうございます。

次号の舞台は駿東郡清水町。富士山からの湧水が滾々と溢れ、日本三大清流に数えられる柿田川。その豊かな湧水で育った古代米の一種である”緑米”と、緑米を育てるわたなべ農園の渡辺祐一さんを特集いたします。

緑米はもち米品種で、日本全国で見ても生産量がごく微量なため”幻の米”と言われています。籾は濃紫、玄米は薄い緑色をしているのが特徴です。

他の品種と交雑しやすかったり、収穫時期の見極めが困難だったりと栽培が難しい中、農薬は植え付け時の最初の一回のみと、極低農薬栽培でこだわりを持って大切に育てています。

薫り高く、甘みと粘り気が強く、そしてミネラルやクロロフィルなど栄養価の高い緑米。渡辺さんの緑米を是非ご賞味ください。

お申込みの締め切りは2021年10月8日まで

 伊豆食べる通信運営事務局

ドットツリー修善寺オフィス
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺 75
(修善寺駅から徒歩 10 分)