特集について

2018.06.02

伊豆食べる通信2018年4月号「オレンジ」

伊豆食べる通信2018年4月号「オレンジ」

伊東市南部に位置する「赤沢」。海と山が近く高台から望む、日の出、月の出は絶景。この赤沢で育ち、家族が繋いできた思い出の山を守るため、保育士から転身し農業に向き合う長田きみえさんと彼女が育てるオレンジを特集しました。

きみえさんに、おさだ農園さんがつくるオレンジ(みかん)の売りは何ですか?と尋ねたところ、

「二つの太陽の恵みです。」

と回答がありました。
「二つの太陽」とは、空の太陽と海の太陽。聞いただけではあまりピンとこなかったのですが、実際におさだ農園に行ってみると、一目瞭然です。まさに、空の太陽と、海に反射した太陽が農園の木々に燦々と照り、太陽の恵みを十分に届けていることがわかりました。
日照時間が十分に確保され、太陽の恵みを上下から挟まれる恩恵に授かっています。そして、みかんの木の下などに生える下草を取らずに、必要最低限の有機の農薬・肥料を主に使用してオレンジを栽培しています。
おさだ農園の確固たる信念に『自分たちが生産者が本当に安心して食べたいものしか、消費者であるお客様に出荷しない』というものがありますが、このこだわりがおさだ農園さんの甘く美味しいオレンジ(みかん)たちを育んでいます。

取材を通して、おさだ農園さんに毎月のように足を運ぶことになり、気付いたことがあります。

それは、「毎回、農園自体が見せる表情が違う。」ということです。

おさだ農園さんには15種類以上の柑橘類をはじめ、琵琶やレモンそしてアボカドまであります。それに加えて、下草を含め、桜やモクレンなど様々な木々があります。おさだ農園さんに訪れるたびに、咲いている花、芽吹きだす草や葉、花に飛び交うミツバチたちなど農園の表情の変化を楽しむことができ、すぐに農園の魅力に引き込まれてしまいました。ここで生まれ、自然に囲まれて育ったきみえさんが、農園に戻ってきたことも十分に理解できます。

ぜひ、みなさんにも、おさだ農園さんの魅力と美味しいオレンジ(みかん)を存分に味わっていただきたいです。

おさだ農園風景

おさだ農園の広い農園。ここに15種類以上のオレンジや琵琶などたくさんの果実が育まれている。

おさだ農園で実るオレンジ1

色が落ちないように袋掛けされたセミノールオレンジ。発送されたセミノールオレンジは鮮やかでした。

おさだ農園で実るオレンジ2

ふたつの太陽の恵みをいっぱい受けたオレンジ。きれいな空にオレンジが映えます。

おさだ農園収穫するきみえさん

たわわに実ったオレンジを収穫するきみえさん。ひとつひとつ丁寧に。

おさだ農園から見える赤沢の絶景

おさだ農園さんから見える赤沢の景色。この景色は本当に美しい。

おさだ農園での美味しい昼食

ワークショップでいただいた猪肉。山で仕留めた命も有り難くいただく。

おさだ農園さんのオレンジを調理しました。

ご協力:Gawa mishima

三島にあるフレンチの人気店。三島、伊豆の地元食材の味を引き出すgawaさんは、まさにフレンチで四季を描くアーティスト。セミノールオレンジのコンポートとニューサマーオレンジとカンパリのテリーヌを作っていただきました。

〒411-0854 静岡県三島市北田町1-13
TEL:055-972-5040
営業時間:
ランチ 11:40~13:30(最終入店)
ディナー 18:00~21:00(最終入店)
定休日:日曜日、水曜ランチ
https://www.gawamishima.com/

セミノールオレンジのコンポート
ニューサマーオレンジとカンパリのテリーヌ

おさだ農園さんの作物を食べてみたい、行ってみたい

おさだ農園さんの作物や加工品を食べてみたい方、そして実際におさだ農園さんに行ってみたい方は、一度おさだ農園さんにご連絡してみてください。
日々、広い農園で作業されており、繁忙期では急に対応ができないこともありますのでご了承ください。電話される際は「伊豆食べる通信を見ました」と一言添えていただけると嬉しいです。

柑橘類もおいしいですが、その柑橘類でできたジャムやジュースなどの加工品、そして、おさだ農園さんに咲いている花々から集められたはちみつも絶品です。

おさだ農園
〒413-0233 静岡県伊東市赤沢312-1
0557-53-0326

おさだ農園さんの加工品

・頑固100%ジュース
・花梨のはちみつ漬け
・ニューサマー マーマレード
・みかんはちみつ
・みかんジャム
・ビワの種のはちみつ漬け

※頑固ジュース、みかんジャム、マーマレード、はちみつは在庫があればいつでも発送可能です。

おさだ農園の頑固100%ジュース
おさだ農園さんのはちみつなど

おさだ農園さんの生産物を取り寄せる

おさだ農園さんでは年間会員制で美味しい作物を年8回送付しています。
美味しいおさだ農園さんのみかんやビワを定期的に食べることができるので、非常にお勧めですし、会員さんの満足度も高いセットとなっています。

標準サイズでは、年に合計8回で、年間費30,000円+送料近県8,000円に送料が別途かかります。2018年5月での情報ですので、お問い合わせ時と金額が異なる場合がありますがご了承ください。最終的には実際にお電話にてご確認ください。

標準サイズの時期と内訳の内容
便数 時期 内訳と内容
1便 4月上旬 甘夏柑と清美オレンジ(10キロ箱)
2便 5月上旬 ニューサマー・セミノールオレンジ(10キロ箱)
3便 6月上旬 びわ2箱(9玉か12)入り。おさだ農園さんの自信作
4便 8月中旬 頑固100%ジュース×2本、蜂蜜500g×1本、ジャムとマーマレード
5便 10月中旬 早生みかん(希望者にサツマイモ)(7キロ箱)
6便 11月下旬 普通みかん(南柑20号)(7キロ箱)
7便 12月下旬 太田ポンカン・他(希望者にサトイモ)(7キロ箱)
8便 2月上旬 はるみ、伊予柑、ネーブル(10キロ箱)

おさだ農園さんに行ってみたい

おさだ農園では、農家体験や収穫体験、「空っぽの会(木登りや土浴など時を忘れてぼーっとして、気分をリフレッシュする)」など、季節を感じながら農作物や自然と向き合う体験会を受け付けております。
すべてのコースで農園野菜の食事つきです。2つの太陽の恵みを受ける農園で、ゆっくりと贅沢な時間を満喫しませんか?

1~5名でお申し込み
・大人 3,000円/1人
・高校生以下 1,500円/1人
1人でお申し込みの方
・5,000円/1人

イベントなどは、おさだ農園さんのFacebookページにご確認ください。

 伊豆食べる通信運営事務局

ドットツリー修善寺オフィス
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺 75
(修善寺駅から徒歩 10 分)