特集について

2017.07.31

伊豆食べる通信2017年7月号「鯖」特集

伊豆食べる通信2017年7月号「鯖」特集

2017年7月号は「鯖」特集

前回の金目鯛に続いて、取材の舞台は今回も伊豆の東海岸にあたる「伊東市」。東京からのアクセスも良く、温泉やビーチ、伊豆高原など、観光で賑っている街です。その伊東市で取り上げた食材は「鯖」。伊豆で鯖??と意外に思われる方も多いかと思いますが、1日30種類~40種類獲れるいとう漁業協同組合のなかでも、美味しいと評価の高い魚になります。

いとう漁業協同組合では、「獲れたての新鮮な鯖をより多くの人に食べてもらいたい。」「魚離れが進む小さな子供たちに食べてもらい。」との思いで、「すり身」の事業を展開しています。
水揚げされたばかりの鯖を、コンベアでサイズを分別し、下処理を行い、骨肉分離機にかけて「すり身」にします。水揚げからすり身の加工まで、同じ場所で数時間で行えるで、まったく臭みのない加工品を作ることができました。
「サバ男くん」となのついたそのすり身を活用して、ミートソーススパゲッティやタコスなど鯖の新しい食べ方を伊東の街全体で提案、提供しています。

取材をして、気づいたことがもう一つあります。それは、伊東の人たちは本当に「伊東の魚」が大好きで誇りを持っているという事です。
子どもの頃毎日釣りをしていて、気が付いたら漁協で働いている方。伊東の魚が好きで、移住してきて商売をされている方。いろんな方に出会いました。
みんな口を揃えて言うのが「伊東の魚は美味い。」という事です。鯖の卵の干物、鯖の白子の煮つけや天ぷらなどは伊東の魚を知り尽くしている彼らだからこそ提供できる地元ならではの物。鯖の干物にしても、脂がのっている時期、のっていない時期それぞれの味が楽しめます。

伊東市は、鯖以外でも一年中、旬な魚を楽しめるのも魅力のひとつです。ぜひ「伊豆食べる通信」を持って伊東に来て、その時々の新鮮な旬な魚を安心して食べに来てほしいです。そしてお店の人とお話ししてほしいです。そこには「魚好き」な彼らがいるから。。。

今回の取材の舞台。いとう漁業協同組合の周辺の海。ここに美味しい魚が集まる。

獲れたて新鮮な伊東の鯖。青く輝いて、模様も美しい。

獲れたての鯖をベルトコンベアにのせて鯖の大きさで分別する。

大きさで区分した鯖を素早く骨肉分離機にかける。このスピードが臭みのない加工品を生む。

いとう漁業協同組合には毎日30~40種類の魚が集まる。

セリの一場面。談笑の中にも魚を目利きする目は真剣そのもの。

伊東の鯖を取り寄せたい方

今回のセットでお送りした鯖の加工品を食べてみたい方は、いとう漁業協同組合購買課さんにお電話にてお問合せください。
ひものは山六ひもの店さんにご協力いただきました。
日々の漁獲量などにも左右されますので発送時期やお支払い方法など直接お話しください。
その際「伊豆食べる通信を読みました。」と言っていただれば幸いです。

いとう漁業協同組合
電話番号:0557-37-3181
いとう漁業協同組合ホームページはこちら

伊東に行って鯖や季節に合わせた美味しいお魚を食べよう!!

今回の伊豆食べる通信の取材では、伊豆・いとう地魚王国に加盟する店舗を中心に、Golosoさんで自転車をレンタルして行いました。自転車での伊東の取材は、もう取材と言うか旅行のようなもので、取材をご協力いただきました店舗さまとの出会い、お食事、どれをとっても楽しいものになりました。
皆様もぜひ伊東に来て、その時の旬なお魚を味わってみてください。「伊東の魚が大好き」少年のような大人たちがみなさんをお待ちしております。

Goloso(ゴローゾ)

伊東駅前にあるGoloso。レンタサイクルで伊東の街を、見て食べて楽しむを多くのお客様に提供しています。そんな自転車の旅のお供は、サバのミンチを使った「サバタコス」。伊東の新名物です!!

住所:静岡県伊東市湯川2-17-4
電話:0557-52-6644
Golosoのホームページはこちら

星野ひもの店

新潟県より「伊東の魚が好き」で移住してきた星野さん。店舗目の前の漁港で水揚げされた地元の魚を丁寧に天日干しで作る干物は絶品。旬でしか味わえない鯖の卵の干物など楽しめます。

住所:静岡県伊東市新井2-1-16
電話:0557-38-1018
星野ひもの店のホームページはこちら

いとう漁協直営 漁師めしや 波魚波(はとば)

いとう漁協直営の食事処。安さ自慢ではく「新鮮で旨いもの」目当てで平日は地元客、週末は観光客で賑わいます。「獲れたその場所で食べる美味しさ、伊東の魚の味を知るために月に一度は来てください。」

住所:静岡県伊東市静海町13-9
電話:0557-38-3327
いとう漁協直営 漁師めしや 波魚波のホームページはこちら

富士一丸(ふじいちまる)

いとう漁協の目の前にある富士一丸。1階は早朝から海産物の販売を行っています。朝10時からオープンする2階では、焼肉のように自分たちで魚を焼きながら食べることができます。

住所:静岡県伊東市静海町7-6
電話:0557-37-4705
富士一丸のホームページはこちら

さかな倶楽部 たっぱん

伊東駅から徒歩3分。肩書は「店主&魚変態料理人」。伊東の魚をこよなく愛する店主が東京より移住し開店させた、寿司と地魚料理の店。美味い肴で美味しいお酒を飲むなら、たっぱんで間違いなしです。

住所:静岡県伊東市湯川3-3-19 ドルフィンK1階
電話:0557-48-7350
さかな倶楽部 たっぱんのホームページはこちら

山六ひもの店

伊東市内に5店舗。観光客でにぎわう山六ひもの店の店内では、七輪で焼いたホカホカの干物を試食できます。「試食いただいた上で、納得してお買い上げいただく」サービスは味に自信があるからこそ。

住所:静岡県伊東市松原町5-6(総本店)
電話:0120-22-3039
山六ひもの店のホームページはこちら

与望亭(よぼうてい)by isoCAFE

2階のお食事席から海を一望できるお食事処。鯖の塩焼きに添えられた山葵は相性抜群です。1階の「isoCAFE」では、板前さんプロデュースの手作りスイーツや手軽なランチメニューもいただけます。

住所:静岡県伊東市川奈1003
電話:0557-45-4343
与望亭(よぼうてい)by isoCAFEのホームページはこちら

スカイレストラン 浜風

伊東市役所の8階にあるレストラン浜風。こちらでは「サバ男くん」を使った鯖のミートソーススパゲッティを、伊東市を一望しながらお召し上がれます。職員だけでなく一般の人も利用できますよ!!

住所:静岡県伊東市大原2-1-1 伊東市役所8階
電話:0557-36-8558

 伊豆食べる通信運営事務局

ドットツリー修善寺オフィス
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺 75
(修善寺駅から徒歩 10 分)