特集について

2016.10.07

伊豆食べる通信10月号「山葵」特集

伊豆食べる通信10月号「山葵」特集

10月号は「山葵」

伊豆の代表的な食材として一番に浮かび上がるのが「山葵」です。伊豆半島の火山活動で出来た独特な地形がら、山葵を育てるのに最も大切な「湧き水」を豊富に生み出しました。この湧き水は、一年中通じて水温が一定に保たれ、例え大雨が降っても濁ることはないそうで、湧き水が豊富な伊豆半島が山葵の一大産地になったとも言えます。

今回特集させていただきました浅田さんは伊豆市の天城湯ヶ島の茅野地区に山葵を生産されています。毎年毎年、台風や雪害など自然と向き合いながら、1年8か月かけて熱い気持ちで山葵を育てています。
他の野菜や果物が数か月で収穫できるのに比べて、わさびは1年8か月と収穫までの期間が長い。だからこそ、自分の考えた工夫が上手くいき、品質の高い山葵が出来たときの喜びは格別だそうです。

山葵について熱く語る浅田さん

浅田さんの作った山葵

浅田の山葵田。狭い通路を歩いていく。

山葵をおろす。おろし方にコツがある。

わさび丼。創刊号芹澤さんの鰹節と

山葵の茎は刻んでわさび味噌に

 伊豆食べる通信運営事務局

ドットツリー修善寺オフィス
〒410-2416 静岡県伊豆市修善寺 75
(修善寺駅から徒歩 10 分)