伊豆食べる通信って?

「伊豆食べる通信」とは?

日本一高い富士山と日本一深い駿河湾を有し、火山活動から独特な地形が生まれた伊豆半島。温暖な気候と海、山、川と豊かな自然を育む伊豆半島で、独自の哲学でおいしい食べものをつくり続ける生産者にクローズアップし、特集記事とともに彼らが収穫した食べものをセットでお届けする「伊豆食べる通信」。

読んで食べるだけじゃない。伊豆食べる通信は食を学び、味わい、そして交流を楽しむコミュニティサービスです。定期購読として年4回の伊豆食べる通信のお届けだけではなく、生産者との座談会や読者同士の交流会など、今後様々なイベントを展開していく予定です。

伊豆半島の生産者をみんなで応援しましょう。

新着情報満載の公式FBページ、Instagramに「いいね!」&チェックしてください!!

伊豆食べる通信 次号のお知らせ

伊豆食べる通信10月号は
「真鯛」特集!

次号の舞台は、沼津市西浦。日本一深い駿河湾には富士山や伊豆半島の山々から豊かな湧水が流れ込み、プランクトンが豊富で多種多様な魚種が獲れる豊かな海です。西浦地区は、入り組んだ海岸線が特徴で、駿河湾越しの富士山は絶景のポイントとして知られています。

この地は古くから養殖が盛んな土地であり、最盛期には100近い水産業者があり、西浦の海も生簀で埋まっていたほどでした。しかし、時代の流れや環境の変化もあり、今では20を切るほどに減少してしまいました。その中でも、50年以上に渡りこの地に根ざし水産業を営む眞野さんが育てる「真鯛」を特集します。

豊かな海で、独自の飼料を与えて大切に育てている真鯛。水揚げと同時に行う船上のいけじめ作業は、1尾ずつ全て手作業で行われ、すぐさま海水の氷締めで血抜きし、鮮度を徹底管理しています。さっぱりしているが、しっかりと旨味が感じられる美味しい真鯛を是非ご賞味ください。

特集について

2022.05.10

今回の舞台は水源の水源の森百選に選ばれた「函南原生林」がある田方郡函南町。高級食材として有名なチョウザメの卵である「キャビア」。実は世界中でキャビアを採取したメスや性別が判断されたオスは、残念ながら命を粗末にされ捨てられてしまっているのが現状。しかし、チョウザメはクセのない白身で非常に美味しい魚で、年間を通して一定の温度に保たれる綺麗な森の湧水を利用し、ゆっくりと成長する「函南ちょうざめ」は特に脂の乗り、身が締まっているのが特徴です。チョウザメの魚としての魅力を発信し、チョウザメを食する文化を根付かせるためにチャレンジしている函南ちょうざめ組合の皆さんと、チョウザメ料理の第一人者で函南ちょうざめレストラン『Sensa-Banbetsu』をオープンする舘野毅シェフを特集します。

伊豆食べる通信2022年4 月号「函南ちょうざめ」

2022.01.31

伊豆の国市南東の山間部に位置する田中山。昼は日当たりが良く夜はぐっと冷え込みます。この寒暖差と、「黒ボク土」と呼ばれるふかふかの土が、たくあん大根のうまみを凝縮させます。そして、全て手作業という昔ながらの作り方で、樽に漬け込まれる「田中山たくあん」は甘み旨みがあり、歯ごたえがよいのが特徴で、代々続く伝統の味として人気があります。今回は、たくあん作りの名人の鈴木英雄さんにフォーカスし、「田中山たくあん」の魅力をお伝えします。是非ご賞味ください。

伊豆食べる通信2022年1月号「田中山たくあん」

2021.11.07

駿東郡清水町。富士山からの湧水が滾々と溢れ、日本三大清流に数えられる柿田川。その豊かな湧水で育った古代米の一種である”緑米”と、緑米を育てるわたなべ農園の渡辺祐一さんを特集いたします。

伊豆食べる通信2021年10月号「緑米」

2021.08.01

沼津市静浦。駿河湾の最東端に位置する静浦のしらすを特集いたします。静浦地区は、陸から一気に水深が深くなり、「洞(ほら)」と呼ばれる小さな湾が多くある独特の地形をしています。それが故、他の産地に比べ、水深40~50mと深いところでとれる静浦のしらすは、水温が低く水圧が高いところにいるため身が締まっています。また、漁場が近いため、獲ってから1時間以内で釜揚げにして供給できる鮮度が最大の売りになります。代々引き継がれたノウハウを武器に、静浦の海を知り尽くした漢たちが獲るしらすを是非ご賞味ください。

伊豆食べる通信2021年7月号「しらす」

2021.04.30

低温熟成されたうまみ成分たっぷりなジビエ、「イズシカ」を特集します。伊豆半島全域では、伊豆市の人口約3万人より、生息頭数が多いとされる鹿。鹿の増えすぎによる食害は、農作物だけでなく、森林への被害も大きく影響しています。以前より、ワナや猟銃などで捕獲をしていましたが、捕獲後の処理に頭を悩ませてきました。「いただいた命を無駄にせずにつないでいく」というコンセプトのもと、イズシカ問屋を設立し、捕獲後2時間以内の新鮮な鹿のみを受け入れ、徹底した管理のもと美味しい「イズシカ」を提供しています。脂肪が少なく、鉄分が多いヘルシー鹿肉をご賞味ください。

伊豆食べる通信2021年4 月号「イズシカ」

 伊豆食べる通信運営事務局

株式会社アーティスティックス
〒410-0056
静岡県沼津市高島町15-5
ぬましんCOMPASS 1F
(JR沼津駅から徒歩 3 分)

ポケマル/ポケットマルシェ