下田ブルー

伊豆食べる通信って?

「伊豆食べる通信」とは?

日本一高い富士山と日本一深い駿河湾を有し、火山活動から独特な地形が生まれた伊豆半島。温暖な気候と海、山、川と豊かな自然を育む伊豆半島で、独自の哲学でおいしい食べものをつくり続ける生産者にクローズアップし、特集記事とともに彼らが収穫した食べものをセットでお届けする「伊豆食べる通信」。

読んで食べるだけじゃない。伊豆食べる通信は食を学び、味わい、そして交流を楽しむコミュニティサービスです。定期購読として年4回の伊豆食べる通信のお届けだけではなく、生産者との座談会や読者同士の交流会など、今後様々なイベントを展開していく予定です。

伊豆半島の生産者をみんなで応援しましょう。

新着情報満載の公式FBページ、Instagramに「いいね!」&チェックしてください!!

伊豆食べる通信 次号のお知らせ

伊豆食べる通信7月号は
「下田ブルー」特集!

次号の舞台は、下田市柿崎。温暖な気候、美味しい魚介、透き通る蒼い海が魅力の下田へ移住し、自然養鶏にチャレンジしている稲田さん夫妻が愛情込めて育てるアローカナの卵「下田ブルー」を特集します。

二人の夢だったカフェの経営。そのカフェで使用する卵を育てるために飼い始めたアローカナ。放し飼いで育てていたところ、その可愛さに魅了されたのが本格的に自然養鶏を始めるきっかけでした。350羽になった今も、当初と変わらず1000坪の土地に放し飼いでのびのびと育てています。餌にもこだわりがあり、静岡県産の無添加飼料を使った自家製の発酵飼料で、下田の海の幸や山の幸が沢山入ったものを与えています。特に下田の海で獲れた魚や海藻なども餌に含んでいることから、オメガ3と呼ばれる不飽和脂肪酸が普通の卵の4倍含まれているのが特徴です。

「幸せの青い卵」と言われ、栄養価の高いアローカナの卵「下田ブルー」をご賞味ください。

特集について

2021.11.07

駿東郡清水町。富士山からの湧水が滾々と溢れ、日本三大清流に数えられる柿田川。その豊かな湧水で育った古代米の一種である”緑米”と、緑米を育てるわたなべ農園の渡辺祐一さんを特集いたします。

伊豆食べる通信2022年10月号「緑米」

2021.08.01

沼津市静浦。駿河湾の最東端に位置する静浦のしらすを特集いたします。静浦地区は、陸から一気に水深が深くなり、「洞(ほら)」と呼ばれる小さな湾が多くある独特の地形をしています。それが故、他の産地に比べ、水深40~50mと深いところでとれる静浦のしらすは、水温が低く水圧が高いところにいるため身が締まっています。また、漁場が近いため、獲ってから1時間以内で釜揚げにして供給できる鮮度が最大の売りになります。代々引き継がれたノウハウを武器に、静浦の海を知り尽くした漢たちが獲るしらすを是非ご賞味ください。

伊豆食べる通信2021年7月号「しらす」

2021.04.30

低温熟成されたうまみ成分たっぷりなジビエ、「イズシカ」を特集します。伊豆半島全域では、伊豆市の人口約3万人より、生息頭数が多いとされる鹿。鹿の増えすぎによる食害は、農作物だけでなく、森林への被害も大きく影響しています。以前より、ワナや猟銃などで捕獲をしていましたが、捕獲後の処理に頭を悩ませてきました。「いただいた命を無駄にせずにつないでいく」というコンセプトのもと、イズシカ問屋を設立し、捕獲後2時間以内の新鮮な鹿のみを受け入れ、徹底した管理のもと美味しい「イズシカ」を提供しています。脂肪が少なく、鉄分が多いヘルシー鹿肉をご賞味ください。

伊豆食べる通信2021年4 月号「イズシカ」

2021.02.07

松崎町が誇る幻のぽんかん「栄久ぽんかん」と三余農園五代目 土屋人さんを特集いたします。栄久ぽんかんは三余農園二代目の土屋栄久さんが広めた品種と言われています。正式に品種登録がされている品種ではありませんが、松崎町のごくわずかな生産者が代々受け継いでいる松崎町オリジナルの高しょう系ポンカン種です。

伊豆食べる通信2021年1月号「栄久ぽんかん」

2020.11.29

伊豆の国市で、生まれ育った純粋の黒豚(バークシャー種)。独自の自家配合飼料を与え240日間の長期間肥育を行っています。金子さんを中心にスタッフ一丸となり、「美味しい豚肉作り」をテーマに、品質と味の探求を重ね続けている天城黒豚を特集します。

伊豆食べる通信2020年10月号「天城黒豚」

 伊豆食べる通信運営事務局

株式会社アーティスティックス
〒410-0056
静岡県沼津市高島町15-5
ぬましんCOMPASS 1F
(JR沼津駅から徒歩 3 分)

ポケマル/ポケットマルシェ